歯周外科手術

進行した歯周病改善に効果を発揮する「歯周外科手術」

つくばこうた歯科クリニック|歯周外科手術イメージ
ブラッシング指導に従ったホームケアと、スケーリングやルートプレーニングなどの処置を行っても、歯周病の症状に改善が見られないケースでは、外科的な処置(歯周外科)で歯周病を改善することがあります。

歯周外科手術とはどのようにするの?

つくばこうた歯科クリニック|歯周外科手術イメージ
進行した歯周病では、歯周ポケットが深く、奥のほうにプラークや歯石が付着しています。
通常の器具ではそれらを取り除くことができません。そこで歯肉を切開し、奥に付着しているプラークや歯石、また炎症をおこしている組織を徹底的に取り除いたあと、歯肉を元の位置に戻して縫い合わせます。手術後は、傷口を特殊なパックで覆って保護します。
「歯周外科手術」はいろいろありますが、手術をすることによって歯周ポケットは消え、歯を支えている骨や歯肉が健康な状態に改善してきます。
アクセス|つくばこうた歯科クリニック